「森を守れ」が森を殺す!

田中淳夫 著

森林は酸素を供給していないし、「自然のダム」でもない!科学的根拠や経済の現実を無視した「地球に優しい」だけの自然保護論では、森林の危機を防ぐことはできない!東南アジアの熱帯雨林から、日本の林業の現場までをくまなく歩いてきた気鋭の科学ジャーナリストによる警世の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 間違いだらけの"森林危機"の論じ方(森林は酸素の供給源ではない
  • 森林は水を溜める「自然のダム」ではない
  • 有害獣の生息調査数はでたらめだった? ほか)
  • 第2部 森林の常識を疑う!(熱帯雨林の木の上は"未知の世界"だった
  • 熱帯雨林の"生物の多様性"は環境破壊が生み出した?
  • 観光ガイド・ブックが"決定"した縄文杉の樹齢 ほか)
  • 第3部 林業は森林破壊の元凶か?(植林作業を効率化する"新製品"の登場
  • 農業なみに手間がかかる品種・苗づくり
  • 林業の本質は「刈る・打つ・伐る」の育林にあり! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「森を守れ」が森を殺す!
著作者等 田中 淳夫
書名ヨミ モリ オ マモレ ガ モリ オ コロス
出版元 洋泉社
刊行年月 1996.10
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4896912330
NCID BN15061900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想