外国人労働者から市民へ : 地域社会の視点と課題から

宮島喬, 梶田孝道 編

外国人労働者の滞在が長期化してきている現状に対し、「中期的」な施策が必要な段階にきている。本書は、川崎市、豊橋市での調査や外国の事例研究を踏まえ、地域社会、とりわけ自治体に照準を合わせた分析を行っている。生活の実践を重視し、それに対する積極的な政策提言を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 外国人労働者から市民へ
  • 第1章 医療・社会保障
  • 第2章 住宅問題
  • 第3章 家族問題
  • 第4章 家族の適応と葛藤
  • 第5章 外国人参政権
  • 第6章 日本語教育と母語教育
  • 第7章 イギリスにおける地域社会の「多文化」化と学校
  • 第8章 滞日外国人女性と『ジェンダー・バイアス』
  • 第9章 アメリカにおける移民の非公式化と地方労働市場
  • 第10章 ドイツにおける移民と地域政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国人労働者から市民へ : 地域社会の視点と課題から
著作者等 宮島 喬
梶田 孝道
書名ヨミ ガイコクジン ロウドウシャ カラ シミン エ
出版元 有斐閣
刊行年月 1996.9
ページ数 237p
大きさ 22cm
ISBN 4641075883
NCID BN15061591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97035567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想