改革と開発を担う情報発信組織

秦晴夫 著

[目次]

  • 第1部 改革には必ず抵抗がある(ライン・スタッフ制導入に対する抵抗
  • 教育するだけでは変わらない-連結ピン活動の誕生
  • 企業内訓練としてのデミング賞とTQC-連結ピン活動の普及
  • 風土を変えた小集団活動-創生期のリーダー像)
  • 第2部 ホワイト・カラーの改革(ORとコンピュータは経営の役に立つか
  • 成功したオンラインシステムの教訓
  • 何故聖域が残るか-リエンジニアリングを優先させるべきだ)
  • 第3部 情報発信組織の研究(R&D組織の探求
  • 情報発信組織とは何か
  • 情報発信組織の機能 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 改革と開発を担う情報発信組織
著作者等 秦 晴夫
書名ヨミ カイカク ト カイハツ オ ニナウ ジョウホウ ハッシン ソシキ
書名別名 Kaikaku to kaihatsu o ninau joho hasshin soshiki
出版元 成文堂
刊行年月 1996.6
ページ数 210, 2p
大きさ 22cm
ISBN 4792350360
NCID BN15002592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97009353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想