堤康次郎

由井常彦 編 ; 由井常彦 ほか著

「西武」の創業者・堤康次郎が企業家かつ政治家として活動した日本の半世紀は、大正デモクラシーの昴揚から昭和初年の経済恐慌と、それにつぐ戦争そして戦後の混乱から高度成長にいたる激動の一時代であった。「西武」創業者の初の本格的伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間形成の諸段階-明治22年〜大正6年
  • 第2章 大正デモクラシーと文化生活の到来-大正7年〜15年
  • 第3章 激動の時代と諸事業の発展-昭和2年〜14年
  • 第4章 戦時・戦中の堤康次郎-昭和15年〜20年
  • 第5章 戦後の復興と成長の時代-昭和20年〜38年
  • 第6章 衆議院議長、そして晩年-昭和27年〜39年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堤康次郎
著作者等 由井 常彦
老川 慶喜
前田 和利
書名ヨミ ツツミ ヤスジロウ
書名別名 Tsutsumi yasujiro
出版元 エスピーエイチ
刊行年月 1996.4
ページ数 465p
大きさ 23cm
ISBN 4845710692
NCID BN14985008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97044737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想