心理臨床アセスメント入門 : 心の治療のための臨床判断学

赤塚大樹 ほか共著

本書は、クライエントが病院やクリニック、相談室を訪れる行動の流れにそって、クライエントの観察の仕方、面接時にクライエントの情報を捉える際の判断軸、そして主治医との連携の仕方、薬についての最小限の知識等を解説した入門書である。心理検査に関しては、その目的による使い分けや組み合わせにはじまり、個々のテストも丁寧に解説した。特にTATはくわしい事例をあげ、解釈にいたるプロセスを示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 臨床アセスメント
  • 2章 クライエント(患者)が、治療・相談機関を訪れた時からアセスメントは始まっている
  • 3章 面接室にはいる
  • 4章 心理療法におけるアセスメント
  • 5章 症状のアセスメント
  • 6章 心理検査を実施する
  • 7章 心理検査によるアセスメントの実際
  • 8章 薬剤と検査
  • 9章 2回目の心理面接への反応
  • 10章 本書の内容についての理解を確認するための65項

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理臨床アセスメント入門 : 心の治療のための臨床判断学
著作者等 森谷 寛之
赤塚 大樹
鈴木 国文
豊田 洋子
書名ヨミ シンリ リンショウ アセスメント ニュウモン
出版元 培風館
刊行年月 1996.9
ページ数 165p
大きさ 21cm
ISBN 4563056049
NCID BN14981233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97025746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想