ドン・ジュアンの埋葬 : モリエール『ドン・ジュアン』における歴史と社会

水林章 著

悪魔としてのドン・ジュアン、「父」の否定、ドン・ジュアンという貨幣と全面的交換の時代。17世紀フランスが生んだ傑作『ドン・ジュアン』の歴史的意味を、ポスト・モダン的状況を媒介として読み解く。近代のヒーローは死んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自分のなかに歴史を見いだす
  • 第1章 『ドン・ジュアン』のコンテクスト
  • 第2章 ドン・ジュアンと<世界>の構造
  • 第3章 ドン・ジュアン、ディアボリック
  • 第4章 貨幣としてのドン・ジュアン
  • 第5章 「父」にそむく者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドン・ジュアンの埋葬 : モリエール『ドン・ジュアン』における歴史と社会
著作者等 水林 章
書名ヨミ ドン ジュアン ノ マイソウ
シリーズ名 歴史のフロンティア
出版元 山川出版社
刊行年月 1996.9
ページ数 327, 33p
大きさ 20cm
ISBN 4634481006
NCID BN14978396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97074930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想