<色好み>の系譜 : 女たちのゆくえ

今関敏子 著

「色好み」なる女とはいかなる存在なのか。「色好み」なる男とどのように異なるのか。小町説話の形成過程にその源流を訪ね、「色好み」の女のゆくえを見定める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「色好み」とは何か
  • 1 小野小町-「色好み」の原型
  • 2 和泉式部-『浮かれ女』の風評
  • 3 建礼門院右京大夫-意志と運命
  • 4 後深草院二条-「色好み」の出家
  • 5 兼好-美的理念の深化と限界
  • 終章 「色好み」の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <色好み>の系譜 : 女たちのゆくえ
著作者等 今関 敏子
書名ヨミ イロゴノミ ノ ケイフ
書名別名 Irogonomi no keifu
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1996.10
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4790706206
NCID BN14969420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97031561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想