最後の公爵愛新覚羅恒煦 : 激動の中国百年を生きる

愛新覚羅烏拉煕春 著 ; 吉本道雅 訳

清朝最後の皇帝溥儀に仕えた愛新覚羅恒煦。辛亥革命、人民共和国成立から文革まで、孫娘烏拉煕春が綴る波瀾の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幼年時代
  • 公爵を嗣ぐ
  • 北京の求実中学
  • 馮玉祥の逼宮
  • 清朝の遺臣たち
  • 遜帝溥儀に仕える
  • 遜帝の特派使節
  • 東陵事件
  • 遜帝との訣別
  • 公爵より平民へ
  • 満洲族平等待遇要求運動
  • 抗日戦争の中で
  • 満族協会の指導者として
  • 南京の行憲国民大会
  • 北京に帰る
  • 中国満洲学の開拓者として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の公爵愛新覚羅恒煦 : 激動の中国百年を生きる
著作者等 吉本 道雅
愛新覚羅 烏拉煕春
書名ヨミ サイゴ ノ コウシャク アイシンカクラ コウク
書名別名 Saigo no koshaku aishinkakura koku
シリーズ名 朝日選書 561
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1996.9
ページ数 274p
大きさ 19cm
ISBN 4022596619
NCID BN14964052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想