バイオプロセスの魅力

小林猛 著

本書は、いまや時代の寵児となり、さまざまな場面で私達の生活をささえるバイオテクノロジーを駆使して物質を生産する、バイオプロセスの啓蒙的なテキストである。微生物の基礎知識や細胞におけるタンパク質合成の原理といった基本からやさしく丁寧に説きおこし、酵素工学(バイオリアクター)、遺伝子組換え、細胞大量培養、細胞融合などバイオテクノロジーの中核をなす技術について詳しく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バイオプロセスとバイオテクノロジー
  • 2 バイオテクノロジーをささえる微生物
  • 3 微生物はタンパク質の生産工場
  • 4 微生物はどのようにして培養するのか
  • 5 どのような工夫をして工業生産に至るのか
  • 6 動物細胞や植物細胞の培養
  • 7 酵素工学
  • 8 バイオ生産物をどのようにしてきれいにするか
  • 9 急速に発展するバイオ関連工学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオプロセスの魅力
著作者等 小林 猛
書名ヨミ バイオプロセス ノ ミリョク
書名別名 Baiopurosesu no miryoku
シリーズ名 Creative chemical engineering course 15
出版元 培風館
刊行年月 1996.9
ページ数 148p
大きさ 21cm
ISBN 4563042854
NCID BN14960007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97026204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想