統一ドイツの法変動 : 統一の一つの決算

広渡清吾 著

本書は、一九八九年秋から一九九五年秋までの時期を対象に、ドイツ統一の進行過程と統一によってもたらされたドイツの国家と社会における基幹的な問題をとりあげ、法学的なアプローチによって、観察し、かつ、分析している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドイツ統一の法的過程
  • 第2章 旧東ドイツにおける所有権問題-私的所有権秩序の創出
  • 第3章 不法国家と過去の克服
  • 第4章 外国人労働者・移住者・難民-外国人法制の新展開
  • 第5章 婚姻・家族の変容と同権化
  • 第6章 憲法秩序の新形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統一ドイツの法変動 : 統一の一つの決算
著作者等 広渡 清吾
書名ヨミ トウイツ ドイツ ノ ホウ ヘンドウ
書名別名 Toitsu doitsu no ho hendo
シリーズ名 東京大学社会科学研究所研究叢書 第86冊
出版元 有信堂高文社
刊行年月 1996.4
ページ数 350, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4842005297
NCID BN14297107
BN14954365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想