真壁氏と真壁城 : 中世武家の拠点

真壁町 編

覇を競う東国武士団。中世城郭の姿を今に伝える貴重な歴史遺産をめぐり、歴史学と考古学とを結集して行なわれた協同研究の一大成果。日本の歴史のみえる町「真壁」から、白熱のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 概説・特別講演(真壁町の歴史と位置
  • 真壁氏について ほか)
  • 第2部 基調報告・基調講演(真壁氏と真壁荘
  • 真壁荘の復原 ほか)
  • 第3部 パネルディスカッション・真壁氏と真壁城
  • 第4部 コラム・シンポジウム参加記(伝・真壁道無(久幹)画像
  • 猪の旗指物 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真壁氏と真壁城 : 中世武家の拠点
著作者等 真壁町
真壁町 (茨城県)
石井 進
書名ヨミ マカベシ ト マカベジョウ
書名別名 Makabeshi to makabejo
出版元 河出書房新社
刊行年月 1996.6
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 4309222951
NCID BN14950411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97001630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想