前野蘭化  2 (解体新書の研究)

岩崎克己 著

『解体新書』にメスを入れ、日本医学史における意義を追究するとともに、医学者・前野良沢(蘭化)のオランダ語学者としての実力を探る。黎明期の蘭学に鋭く迫る珠玉の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解体新書の研究
  • 解体新書の蘭語学的観察
  • 解体新書翻訳以後に於ける前野蘭化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 前野蘭化
著作者等 岩崎 克己
片桐 一男
書名ヨミ マエノ ランカ
書名別名 解体新書の研究

Maeno ranka
シリーズ名 東洋文庫 604
巻冊次 2 (解体新書の研究)
出版元 平凡社
刊行年月 1996.9
ページ数 324p
大きさ 18cm
ISBN 458280604X
NCID BN14944317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97026174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想