私有財産制度の研究

河村只雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇 私有財產制度の社會學的意義
  • 一 序言 / 1
  • 二 私有財產制度と人間性 / 4
  • 三 私有財產制度と社會秩序 / 18
  • 四 私有財產制度の日本的把握 / 36
  • 五 結語 / 51
  • 後篇 私有財產制度の起源
  • 一 序言 / 55
  • 二 マウラーの原始共有說とその批判 / 58
  • 三 ヴィオレの原始共有說とその批判 / 77
  • 四 ラヴレーの原始共有說とその批判 / 92
  • 五 モムゼンの原始共有說とその批判 / 107
  • 六 ジュバーンヴィユの原始共有說とその批判 / 110
  • 七 原始社會の私有財產制度 / 115
  • 八 我が國古代の私有財產制度 / 133
  • 九 琉球の地割制度の考察 / 153
  • 一〇 結語 / 162

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 私有財産制度の研究
著作者等 国民精神文化研究所
河村 只雄
書名ヨミ シユウ ザイサン セイド ノ ケンキュウ
シリーズ名 国民精神文化研究 ; 第29冊
出版元 国民精神文化研究所
刊行年月 1937
ページ数 168p
大きさ 26cm
NCID BN14942388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54010081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想