C.G.ユング : 記録でたどる人と思想

ゲルハルト・ヴェーア 著 ; 安田一郎 訳

ユング・ドキュメントの最高権威と目される著者が「決定版」と自負する労作。当時の貴重な写真のみならず、自筆のマンダラや夢の絵、フロイトへの手紙、同時代人の証言などから、ユングの思想と生涯の核心をあますところなく呈示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 若い時代(人生の始まり-「心は昨日や今日できたものではない!」
  • 職業の準備
  • 若い精神科医)
  • 深層心理学的体験(フロイトとの出会いと決裂
  • 人格の危機と著書の成立)
  • 分析心理学の樹立(創造の新しい始まり
  • 心理学的タイプの研究 ほか)
  • 後期の著作と展望(後期の著作の成熟
  • 人生の最後の時 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 C.G.ユング : 記録でたどる人と思想
著作者等 Wehr, Gerhard
安田 一郎
ヴェーア ゲルハルト
書名ヨミ ツェー ゲー ユング
書名別名 Carl Gustav Jung

Tsue ge yungu
出版元 青土社
刊行年月 1996.9
ページ数 341p
大きさ 23cm
ISBN 4791754824
NCID BN14942209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97022694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想