交通システムの信頼性向上に関する調査

国土庁計画・調整局総合交通課 編

本調査は、阪神・淡路大震災の際に、阪神間の交通の途絶の影響が全国に及んだことを踏まえ、国土を支える幹線(広域)交通体系の被災に対する信頼性確保のあり方について検討した成果を取りまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 阪神・淡路大震災が交通システムに及ぼした影響の検討
  • 2 わが国が有する自然災害に対するリスク
  • 3 リスクマネジメントの考え方
  • 4 交通システムのリダンダンシー向上に向けて踏まえるべき理念
  • 5 交通システムのリダンダンシー向上に向けての施策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交通システムの信頼性向上に関する調査
著作者等 国土庁計画・調整局総合交通課
国土庁計画調整局
国土庁計画調整局総合交通課
書名ヨミ コウツウ システム ノ シンライセイ コウジョウ ニ カンスル チョウサ
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 1996.7
ページ数 158p
大きさ 30cm
ISBN 4171912504
NCID BN1491672X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97020825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想