カルタゴ

マドレーヌ・ウルス=ミエダン [著] ; 高田邦彦 訳

ローマ帝国と地中海世界の覇権を果敢に争い滅亡したカルタゴの悲運は今も哀れをさそう。本書は、カルタゴ考古学界の権威が遺跡発掘の成果をふまえ、カルタゴの政治・宗教・文化・風俗・地誌などあらゆる分野を網羅し、国家滅亡後八百年の余命の歴史も含め、その文明興亡のすべてを語る好著である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地理的位置と歴史的位置
  • 第2章 源泉資料
  • 第3章 カルタゴの町の起源と建設
  • 第4章 歴史
  • 第5章 宗教
  • 第6章 制度と対外関係
  • 第7章 芸術と技術
  • 第8章 ローマ期とビザンツ期のカルタゴ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルタゴ
著作者等 Hours, Madeleine
高田 邦彦
Hours‐Mi'edan Madeleine
ウルス・ミエダン マドレーヌ
書名ヨミ カルタゴ
書名別名 Carthage
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1996.8
ページ数 152, 16p
大きさ 18cm
ISBN 4560057818
NCID BN14914961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97019639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想