教育の基礎 : その本質と目的

岩崎正吾 編

本書は、教育の基礎となるべき事項(教育に関する基礎的知識と教育的思考のパラダイム)を、とりわけその本質と目的という観点から、教師を目指す学生だけでなく、現職教員や教育学に関心のある方々に、根元的かつ体系的に、しかもわかりやすく提供するために編纂してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育をめぐる諸問題
  • 第2章 教育とは何か
  • 第3章 近代の子ども観と子どもの権利
  • 第4章 子どもの発達と教育
  • 第5章 「学ぶこと」と「教えること」
  • 第6章 教育の目的
  • 第7章 わが国における教育の歴史と目的
  • 第8章 世界の主要諸国における教育の目的と目標
  • 第9章 教育とはなんだろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育の基礎 : その本質と目的
著作者等 岩崎 正吾
書名ヨミ キョウイク ノ キソ
シリーズ名 新教職課程シリーズ 第1巻
出版元 エイデル研究所
刊行年月 1996.4
ページ数 184p
大きさ 22cm
ISBN 4871682277
NCID BN14913142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97000502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想