黄昏のスペイン帝国

色摩力夫 著

十七世紀ヨーロッパの覇権をかけて壮絶な死闘を繰り広げたスペインとフランス-両国の宰相の思想と行動に焦点をあてつつ三十年戦争への介入を通して「国民国家」が形成される過程を雄勁に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 二人の巨人の登場
  • 第2部 覇権と改革
  • 第3部 世紀の武力対決
  • 第4部 二人の巨人の退場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄昏のスペイン帝国
著作者等 色摩 力夫
書名ヨミ タソガレ ノ スペイン テイコク
書名別名 オリバーレスとリシュリュー

Tasogare no supein teikoku
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.6
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 4120025950
NCID BN14908947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97005678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想