感性を生かして問い続ける子ども : 実感・納得のある授業づくり

新潟大学教育学部附属長岡小学校 著

本書は個における学びの成立を探り、個を育てることにこだわり続けた気の遠くなるようなしんどい研究である。大向うをあっと驚かせ、唸らせるような派手な格好よさはないが、越後の雪と土の匂いを感じさせる、地味で堅実で人間味のある底の深い教育実践研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 感性を生かす子どもの学び
  • 第2章 「感性を生かして問い続ける子ども」を育てる授業づくり
  • 第3章 子どもが感性を生かして問い続ける授業の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感性を生かして問い続ける子ども : 実感・納得のある授業づくり
著作者等 新潟大学教育学部附属長岡小学校
書名ヨミ カンセイ オ イカシテ トイツズケル コドモ
出版元 東洋館出版社
刊行年月 1996.5
ページ数 182p
大きさ 21cm
ISBN 4491012822
NCID BN14907591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想