科学論入門

佐々木力 著

臓器移植や原子力など、科学技術が高度化・専門化へと突き進むなか、その意味があらためて問い直されている。いま求められているのは、西欧近代科学が成立した十七世紀以来、また日本でいえば本格的近代化が始まった明治維新以来の抜本的転換ではないのか。気鋭の科学史家が、二十一世紀のための新しい総合的科学技術像を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代日本の科学技術の性格
  • 第2章 西欧近代科学の特性と発展
  • 第3章 技術とはなにか、それは科学とどう関係するか?
  • 第4章 数学・自然科学・医学-科学の三つの典型
  • 第5章 転換期の現代科学技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学論入門
著作者等 佐々木 力
書名ヨミ カガクロン ニュウモン
書名別名 Kagakuron nyumon
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.8
ページ数 223, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004304571
NCID BN1487632X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想