八太舟三と日本のアナキズム

ジョン・クランプ 著 ; 碧川多衣子 訳

大杉栄後のアナキズム運動における中心的人物であった純正無政府主義の思想家・八太舟三。アナルコ・サンジカリズム、マルクス主義との対抗、そしてエコロジーへの視点など現代社会に通底する彼の卓越した理論・思想水準を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 純正無政府主義の重要性
  • 第1章 無政府共産主義
  • 第2章 日本のアナキズム
  • 第3章 八太舟三-クリスチャン牧師からアナキスト闘士へ
  • 第4章 組織間の対決:純正無政府主義者対サンジカリスト
  • 第5章 旧世界の批評
  • 第6章 新しい世界への希望
  • 第7章 弾圧
  • 第8章 純正無政府主義-その評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八太舟三と日本のアナキズム
著作者等 Crump, John
碧川 多衣子
渡辺 治
クランプ ジョン
書名ヨミ ハッタ シュウゾウ ト ニホン ノ アナキズム
書名別名 Hatta Shûzô and pure anarchism in interwar Japan
出版元 青木書店
刊行年月 1996.7
ページ数 295, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4250960277
NCID BN14868467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97021241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想