忘れられた日米関係 : ヘレン・ミアーズの問い

御厨貴, 小塩和人 著

第二次大戦後に紹介されたアメリカの日本研究の多くは、西洋近代的パラダイムへの収斂とそれからの逸脱という枠組みを背景に展開されたものだった。けれどもアメリカの対日観はそれほど単純ではなく、実は多様性を秘めていたことが見過ごされていたのである。アメリカニズムを相対化しようとした流れに着目しながら、日本人がそれをどう受容したかを検討し、新しい日米関係への視座を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヘレン・ミアーズとルース・ベネディクト
  • 第2章 戦前の日本を旅する
  • 第3章 「敵国」日本の虚像と実像
  • 第4章 アメリカの政策批判に踏み切る
  • 第5章 日本の講和・独立を論ずる
  • 第6章 パシフィストとして生涯を終える
  • 第7章 ミアーズをいかに捉えるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れられた日米関係 : ヘレン・ミアーズの問い
著作者等 Mears, Helen
小塩 和人
御厨 貴
書名ヨミ ワスレラレタ ニチベイ カンケイ
書名別名 Wasurerareta nichibei kankei
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.8
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480056777
NCID BN14867974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97025885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想