「解散」の政治学 : 戦後日本政治史

藤本一美 著

本書は、何よりも第二次大戦後の我が国における衆議院の解散につき、その歴史的背景と解散にいたる政治的プロセスを論究する。とりわけ、時の政権を担っている首相や与党の実力者たちが、いかなる政治的環境の下で解散を決定するにいたったのか、その経緯を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 衆議院の解散論争と解散の特色
  • GHQ解散-1945年12月18日
  • 新憲法解散-1947年3月31日
  • なれあい解散-1948年12月23日
  • 抜き打ち解散-1952年8月28日
  • バカヤロウ解散-1953年3月14日
  • 天の声解散-1955年1月24日
  • 話し合い解散-1958年4月25日
  • 安保解散-1960年10月24日
  • ムード解散-1963年10月23日〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「解散」の政治学 : 戦後日本政治史
著作者等 藤本 一美
書名ヨミ カイサン ノ セイジガク
書名別名 Kaisan no seijigaku
出版元 第三文明社
刊行年月 1996.7
版表示 増補版
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 4476032028
NCID BA91000390
BB08138341
BN14864692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97010655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想