ウイルスがわかる : 遺伝子から読み解くその正体

清水文七 著

ウイルスの本体はRNAやDNAといった情報の塊でしかない。生きた細胞に感染しなければ何もできないのだ。たとえてみれば、ウイルスがカセットテープで、感染した細胞がそれを再生するカセットデッキの役目をしているといえる。ウイルスの遺伝子にはいったい何が書かれているのか、どうやって変異してゆくのか、感染するとなぜ病気になるのか、殺人ウイルスやがんを引き起こすウイルスの正体とは?怖いけど不思議なウイルスの世界を案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ウイルスとの出会い
  • ウイルスの世界
  • 感染はこうして始まる
  • ウイルスの変異と進化
  • ウイルスに感染するとどうなるか
  • ウイルス感染症の変遷
  • がんを引き起こすウイルス
  • ウイルスを利用する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウイルスがわかる : 遺伝子から読み解くその正体
著作者等 清水 文七
書名ヨミ ウイルス ガ ワカル
書名別名 Uirusu ga wakaru
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1996.8
ページ数 274, 11p
大きさ 18cm
ISBN 4062571366
NCID BN14850916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97019967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想