ユネスコ50年の歩みと展望

野口昇 著

ユネスコは、戦後の日本にとって、世界に開かれた最初の「窓」であった。ユネスコの実像を全体的に紹介した初めての書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ユネスコの創設と日本の加盟(ユネスコの創設-ユネスコを特徴づけるもの
  • 日本のユネスコ加盟-国際社会への復帰
  • 組織と運営 ほか)
  • 第2部 対立と論争の時代(米国の脱退-真相は何だったのか
  • 英国の脱退-脱退は避けられたのでは?
  • マス・メディア宣言 ほか)
  • 第3部 ユネスコの未来と日本の協力(事業計画の推移
  • 日本の参加・協力
  • 21世紀を目指して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユネスコ50年の歩みと展望
著作者等 野口 昇
書名ヨミ ユネスコ 50ネン ノ アユミ ト テンボウ
出版元 シングルカット社
刊行年月 1996.7
ページ数 252, 26p
大きさ 20cm
ISBN 4938737256
NCID BN1484676X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98077196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想