プラスチック添加剤活用ノート : 安定化、改質化向上の決め手

皆川源信 編著

プラスチックは生活資材、工業用資材として多くの種類が開発され、実用化されている。しかし、実用化の陰でプラスチックを支えている各種添加剤については案外知られていない。添加剤にはプラスチックの実用上必須な安定剤と物性を改良したり、新規性質を付与するための改質剤がある。本書はこの添加剤の全貌-種類、特徴、効果、使用方法、メーカー名-について解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(プラスチック添加剤とは
  • プラスチック添加剤の種類と効果)
  • 2 データ編(添加剤別
  • プラスチック別)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラスチック添加剤活用ノート : 安定化、改質化向上の決め手
著作者等 皆川 源信
書名ヨミ プラスチック テンカザイ カツヨウ ノート
書名別名 Purasuchikku tenkazai katsuyo noto
シリーズ名 K books series 115
出版元 工業調査会
刊行年月 1996.7
ページ数 167p
大きさ 19cm
ISBN 4769341032
NCID BN14845111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97040520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想