徳川時代の宗教

R.N.ベラー 著 ; 池田昭 訳

西洋以外の国で、ただひとつ日本が近代化に成功したのは何故か-アメリカの社会学者ロバート・ベラー(1927‐)が、徳川時代の文化的伝統、とりわけてその宗教のになった役割を、ウェーバーの流れをくむ師パーソンズの近代化論の方法で考察する。欧米人のすぐれた日本論として逸すべからざる著作。原書は1957年刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の宗教と産業社会
  • 第2章 徳川時代の日本社会構造の概要
  • 第3章 日本の宗教(概要)
  • 第4章 宗教と政治
  • 第5章 宗教と経済
  • 第6章 心学とその創始者、石田梅巌
  • 第7章 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川時代の宗教
著作者等 Bellah, Robert Neelly
池田 昭
Bellah Robert N.
ベラー R.N.
書名ヨミ トクガワ ジダイ ノ シュウキョウ
書名別名 Tokugawa religion
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.8
ページ数 412p
大きさ 15cm
ISBN 4003347218
NCID BN1484471X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想