藤樹学の発展とその意義

加藤仁平 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 藤樹の修學期と藤樹學の萠芽 / 2
  • 第二章 前期藤樹學(朱子學的藤樹學)の創成 / 16
  • 第一節 林家の朱子學に對する純化運動 / 16
  • 第二節 獨特の母子關係に基く孝道哲學の成立過程 / 21
  • 第三節 大野了佐の教育 / 30
  • 第四節 藤樹規及び學舍座右戒 / 35
  • 第五節 朱子學圈内に於ける動搖 / 39
  • 第三章 後期藤樹學(陽明學的藤樹學)の大成 / 54
  • 第一節 王龍溪語録と翁問答 / 54
  • 第二節 伊勢參宮と格套の離脱 / 62
  • 第三節 熊澤伯繼の入門 / 69
  • 第四節 陽明全集と藤樹の悟入 / 76
  • 第五節 大成期の藤樹學 / 89
  • 第四章 結論 / 99
  • 附録
  • 第一、 藤樹學と藤樹先生全集 / 124
  • 第二、 我が子の臨終 / 138

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 藤樹学の発展とその意義
著作者等 加藤 仁平
書名ヨミ トウジュガク ノ ハッテン ト ソノ イギ
書名別名 Tojugaku no hatten to sono igi
シリーズ名 渾沌社教育叢書 ; 第5篇
出版元 渾沌社出版部
刊行年月 昭和8
ページ数 164p
大きさ 17cm
NCID BN14839538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46088894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想