岩波講座日本文学史  第8巻 (17・18世紀の文学)

久保田淳 ほか編

本講座では、文学の誕生から20世紀昭和にいたるまでを14の時期に分け、世紀割りで区分している。各巻は、その時代における文学史上の基本的テーマと、その時代に特徴的な事象を考察するテーマとから構成される。本巻の巻頭には文学史論をおき、近世の文学事象を概観した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世文学史論
  • 西鶴と西鶴以後
  • 蕉風の確立と展開
  • 浄瑠璃劇の完成
  • 近世前期の学問-契沖・仁斎
  • 俳文の形成と展開
  • 堂上の和歌と歌論
  • 仏教と近世文学
  • 近世の児童文学
  • 近世文学と女性
  • 近世文学における忠誠と私情

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世文学史論
  • 西鶴と西鶴以後
  • 蕉風の確立と展開
  • 浄瑠璃劇の完成
  • 近世前期の学問-契沖・仁斎
  • 俳文の形成と展開
  • 堂上の和歌と歌論
  • 仏教と近世文学
  • 近世の児童文学
  • 近世文学と女性
  • 近世文学における忠誠と私情

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座日本文学史
著作者等 日野 竜夫
久保田 淳
栗坪 良樹
藤井 貞和
野山 嘉正
久保田淳ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ニホン ブンガクシ
書名別名 17・18世紀の文学

Iwanami koza nihon bungakushi
巻冊次 第8巻 (17・18世紀の文学)
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.8
版表示 第2刷
ページ数 346p
大きさ 22cm
ISBN 4000106783
NCID BN14787150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97017353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想