新約聖書要解  第2巻

赤岩榮著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論
  • 著者 / 23
  • 場所 / 26
  • 時 / 26
  • マルコ傳に於けるイエス・キリスト / 28
  • 註解
  • 第一部 發端 一・一-三・六 / 35
  • 一 福音の始 一・一-一三 / 35
  • 二 召命使信 一・一四-二〇 / 44
  • 三 カペナウムに於ける最初の日 一・二一-三四 / 49
  • 四 カペナウムの外で 一・三五-四五 / 55
  • 五 罪人と取稅人と問題 二・一-一七 / 61
  • 六 斷食と安息日問題 二・一八-三・六 / 71
  • 第二部 ゲネサレ湖畔にて 三・七-六・一三 / 80
  • 七 民衆と弟子 三・七-一九 / 80
  • 八 親族と反對者 三・二〇-三五 / 86
  • 九 イエスの譬 四・一-三四 / 93
  • 十 湖の奇蹟 四・三五-五・四三 / 106
  • 十一 排斥と派遣 六・一-一三 / 125
  • 第三部 パンの奇蹟の前後 六・一四-八・二六 / 132
  • 十二 バプテスマのヨハネの死 六・一-二九 / 132
  • 十三 湖畔をめぐりて 六・三〇-五六 / 138
  • 十四 潔さと不潔 七・一-二三 / 149
  • 十五 異邦に於ける奇蹟 七・二四-八・九 / 158
  • 十六 徵と理解 八・一一-二六 / 168
  • 第四部 受苦への道 八・二七-一〇・五二 / 175
  • 十七 人の子の祕義 八・二七-九・一 / 175
  • 十八 人の子の啓示 九・二-二九 / 183
  • 十九 ガリラヤに於て 九・三〇-五〇 / 195
  • 二十 ユダヤ及びペレヤに於て 一〇・一-三一 / 205
  • 二十一 エルサレムに向つて 一〇・三二-五二 / 219
  • 第五部 エルサレムに於て 一一・一-一三・三七 / 229
  • 二十二 最初の日と次の日 一一・一-一九 / 229
  • 二十三 第三日目 一一・二〇-一二・一二 / 238
  • 二十四 論爭 一二・一三-三四 / 249
  • 二十五 三つの敎へ 一二・三五-四四 / 261
  • 二十六 終末の告知 一三・一-二七 / 267
  • 第六部 受苦 一四・一-一六・八 / 285
  • 二十七 祭の前 一四・一-一一 / 285
  • 二十八 過越の夜 一四・一二-二五 / 292
  • 二十九 捕はれの夜 一四・二六-五二 / 300
  • 三十 大祭司の訊問の前後 一四・五三-七二 / 314
  • 三十一 イエスとピラト 一五・一-一五 / 324
  • 三十二 十字架の死の前後 一五・一六-四一 / 332
  • 三十三 墓場のイエス 一五・四二-一六・八 / 348
  • 結び〔一六・九一二〇〕 / 357
  • 重要事項及び人名索引 / 367

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新約聖書要解
著作者等 赤岩 栄
書名ヨミ シンヤク セイショ ヨウカイ
書名別名 マルコ伝福音書

Shin'yaku seisho yokai
巻冊次 第2巻
出版元 長崎書店
刊行年月 昭和14
ページ数 370p
大きさ 17cm
NCID BN14767856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46059356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マルコ伝福音書 赤岩 栄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想