かれらはなぜ犯罪を犯したか : 8人の鑑定ノートと危機理論

森武夫 著

本書は、筆者が過去に行った犯罪の鑑定のうち八例(多くは危機理論ができていない頃のもの)を危機理論で見直すことによって、理論適用の実際を示そうとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章-札束投げ入れ事件
  • 家庭の負因
  • 発達と発達課題
  • 危機理論とはなにか
  • 大人の愛し方を知らない男
  • 分不相応の夢を追いつづけた男
  • 家族的団らんの夢を求めて
  • Oの凶悪な犯罪の起源はなにか…
  • 父の愛を取りもどすための破滅?
  • 覚醒剤による二重人格殺人か
  • 金のためか、遺恨からか
  • 恨みの親殺しか、親子心中の失敗か
  • 連続射殺事件
  • 青年期危機による非行
  • 現代社会と危機理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かれらはなぜ犯罪を犯したか : 8人の鑑定ノートと危機理論
著作者等 森 武夫
書名ヨミ カレラ ワ ナゼ ハンザイ オ オカシタカ
出版元 専修大学出版局
刊行年月 1996.7
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4881250841
NCID BN14755438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97073049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想