原子爆弾 : その理論と歴史

山田克哉 著

無差別大量殺戮兵器の巨大なエネルギーはどこからどのようにして発生するのか?この疑問に答えるべく、原子核の世界の秘密を明らかにしてきた近代物理学の歩みを紹介しながら原爆の理論と開発の歴史を臨場感いっぱいに詳説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夜明けと共に
  • 核分裂発見
  • 原子核発見にまつわるミステリー
  • 中性子の発見
  • 人工放射能・遅速中性子
  • 連鎖反応、原子爆弾への門
  • 核分裂理論の聖書「ボーア=ホイーラー核分裂理論」
  • 濃縮ウラン
  • フリッシ=ピエール覚書
  • 人工元素プルトニウム二三九〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子爆弾 : その理論と歴史
著作者等 山田 克哉
書名ヨミ ゲンシ バクダン
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1996.7
ページ数 472p
大きさ 18cm
ISBN 4062571285
NCID BN14736568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97010930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想