希望のヒロシマ : 市長はうったえる

平岡敬 著

冷戦後もなお人類を脅かす核の脅威。ヒロシマの平和思想は世界を動かさないのか。広島市長として、ハーグ国際司法裁判所での核兵器の違法性を主張した陳述をはじめ、アジアへの謝罪を明言した平和宣言、アメリカでの公開講演など、被爆五十周年を迎えて行なった活動と発言をふりかえりつつ、希望の未来を願うヒロシマの思いと苦悩を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカの原爆展
  • 2 戦争責任とヒロシマ
  • 3 核保器廃絶に向けて
  • 4 ジャーナリズムを問う
  • 5 希望の未来のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望のヒロシマ : 市長はうったえる
著作者等 平岡 敬
書名ヨミ キボウ ノ ヒロシマ
書名別名 Kibo no hiroshima
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.7
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4004304520
NCID BN1473291X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97015311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想