宗教改革とその時代

小泉徹 著

「宗教改革」といえば、普通、ルターやカルヴァンの名があげられ、イギリス国教会の成立などと合わせて、十六世紀前半の歴史的事件として取り扱われることが多い。しかし実際は、宗教改革は十七世紀半ばまで続く長期的闘いであった。しかもそこで闘っていたのはプロテスタントとカトリックだけではない。出現しつつあった主権国家同士、また主権国家と教会が、自らの生存をかけて闘いを繰り広げていたのである。宗教改革の世俗的側面に眼を向け、その思想的基盤や文化とのかかわりを明らかにして、宗教改革の全体像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宗教改革への視点
  • 1 宗教改革と国際政治
  • 2 宗教改革の思想的基盤
  • 3 宗教改革と主権国家
  • 4 宗教改革と民衆文化
  • 5 周辺地域での宗教改革
  • 6 カトリック宗教改革
  • 7 宗教改革の再評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教改革とその時代
著作者等 小泉 徹
書名ヨミ シュウキョウ カイカク ト ソノ ジダイ
書名別名 Shukyo kaikaku to sono jidai
シリーズ名 世界史リブレット 27
出版元 山川出版社
刊行年月 1996.6
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4634342707
NCID BN14724569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97000322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想