考えるヒト

養老孟司 著

脳とは何か。心とは、そして意識とはなにか。生命進化の結晶であるヒトの脳は、数千年の永きにわたって、さまざまなことを考えてきた。脳が脳のことを考える。脳が脳のことを知ろうとする。いったい答えはあるのだろうか。そうかんたんにはわからない。それでもヒトは考える。脳を知ることは自分自身を知ることだから。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳は何をしているのか
  • 第2章 脳と心の関係
  • 第3章 脳と遺伝子
  • 第4章 知覚と運動
  • 第5章 脳の中の現実
  • 第6章 意識と行動
  • 第7章 意識とことば
  • 第8章 意識の見方
  • 終章 意識と無意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考えるヒト
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ カンガエル ヒト
シリーズ名 ちくまプリマーブックス 101
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.7
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4480042016
NCID BN14719762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96074095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想