周作人随筆

周作人 著 ; 松枝茂夫 訳

辛亥革命後の中国を新文化運動の旗手の一人として思想的にリードし、文筆の冴えを兄魯迅とともに謳われた周作人。大知識人でありながら、戦時中の対日協力のかどで戦後は表舞台から姿を消さざるをえなかったこの人の、著述の粋を本書は収める。人道主義、反封建思想を標榜して文壇に登場してより、文人として完成したといわれる1930年代までの、随筆の名品39。奥底に「東洋人の悲哀」を湛えつつ情理を尽した知的営為の精妙さは、類のない魅力を蔵している。訳者はこの人に共感し、生涯にわたる交誼を結んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自分の畑
  • 謎語(なぞなぞ)
  • 鏡花縁
  • 故郷の山菜
  • 北京の茶うけ
  • 生活の芸術
  • 鳥の声
  • 烏篷船(くろとまぶね)
  • 酒を語る
  • 閉戸読書論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周作人随筆
著作者等 周 作人
松枝 茂夫
書名ヨミ シュウ サクジン ズイヒツ
書名別名 Shu sakujin zuihitsu
シリーズ名 富山房百科文庫 53
出版元 富山房
刊行年月 1996.6
ページ数 342p
大きさ 18cm
ISBN 4572001537
NCID BN14718533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97002539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想