社長の転機・会社の転機

佐高信 著

本田宗一郎、三沢千代治、荒井伸也など17人の企業トップの生き様と経営姿勢に、辛口評論家佐高信が鋭く迫るインタビュー集。「自分の言葉を失うと社畜になる」「いらない人間というのは使い方が悪いんだ」などの名言が、逆境や転機をのりこえた魅力的な企業トップの口から次々と出てくる注目の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人の行く裏に道あり花の山-荒井伸也
  • たえまない教育こそ企業成長の源泉だ-河本武
  • 大企業にできないサービスの提供こそ小企業が生きる道-小田禎彦
  • 経営者の能力は失敗した金額の大きさで決まる-三沢千代治
  • 企業は公器、経営は独立独歩の精神が正しい-森和夫
  • ルワンダから日本の企業社会の強さ弱さを見る-服部正也
  • 社是なし、会議もしない会社のユニーク経営管理-中村信雄
  • ぼくはガキ大将社長でいたい-西尾出
  • ナイロンストッキング一筋に生きる-堀禄助
  • 長崎から東京、アメリカへ、多店化の陰にも迷いはあった-米浜和英〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社長の転機・会社の転機
著作者等 佐高 信
書名ヨミ シャチョウ ノ テンキ カイシャ ノ テンキ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.7
ページ数 387p
大きさ 16cm
ISBN 4122026482
NCID BN14717494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97018327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想