縄文人の世界

小林達雄 著

いま、語りはじめた豊かな文化。三内丸山、寺野東…、次つぎに発見される遺跡群。彼らは何を食べ、どこに住み、どんなことを考えていたのだろうか。ここに明らかにされる祖先の新たな素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 縄文革命の始まり
  • 第2章 縄文土器は語る
  • 第3章 縄文のクニグニ
  • 第4章 縄文姿勢方針-多種多様な食利用
  • 第5章 集落と社会
  • 第6章 精神世界を探る
  • 第7章 縄文人の心象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文人の世界
著作者等 小林 達雄
書名ヨミ ジョウモンジン ノ セカイ
書名別名 Jomonjin no sekai
シリーズ名 朝日選書 557
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1996.7
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4022596570
NCID BN14707854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97009012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想