国際社会学のパースペクティブ

梶田孝道 著

本書は、「国際社会学」の視角からする「民族」と「文化」の分析である。主要には、ヨーロッパ連合(EU)と名称を変え、地域統合を押し進めると同時に、外国人やムスリム(イスラム教徒)に関係する形で「文化」と「文明」の問題に揺れる現代ヨーロッパを扱う。また、そうしたヨーロッパの現実をふまえながら、世界各地で問題となり論争を引き起こしている「多文化主義」や「文明の衝突」というテーマについて議論を行っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 国際社会学からのアプローチ
  • 1章 ヨーロッパ統合と民族・宗教問題-「文化的多様性」をめぐって
  • 2章 ポスト・ナショナルな社会空間の誕生-ヨーロッパは「想像の共同体」たりうるか
  • 3章 統合のなかの分離-ヨーロッパのいくつかの地域・民族に着目して
  • 4章 ナショナリズムを生み出すもの-右傾化するヨーロッパ
  • 5章 「移植されたイスラム」のゆくえ-ヨーロッパとイスラム
  • 6章 揺れ動く国民/外国人の境界-「ナシオン」と「フォルク」再考
  • 7章 外国人の参政権-西欧諸国の対応
  • 8章 「多文化主義」の論争点-概念の明確化のために
  • 9章 「文明」の問題と「文化」の問題-「文明の衝突」論批判
  • 10章 合理主義・ポストモダニズム・原理主義-並存する3つのリアリティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際社会学のパースペクティブ
著作者等 梶田 孝道
書名ヨミ コクサイ シャカイガク ノ パースペクティブ
書名別名 越境する文化・回帰する文化

Kokusai shakaigaku no pasupekutibu
シリーズ名 社会学シリーズ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1996.7
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 413050133X
NCID BN14704426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97010731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想