アジアにおける冷戦の起源 : アメリカの対日占領

マイケル・シャラー 著 ; 立川京一 ほか訳

アメリカの、対日占領政策を突破口とする東アジア世界再編成の目論見を、「世界的冷戦戦略の函数」として捉える斬新な視座を提供。歴史認識における挑戦の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 太平洋戦争終結
  • 戦後改学-一九四五年〜一九四八年
  • 北東アジアと太平洋-一九四五年〜一九四七年
  • 戦後世界の再解釈
  • 阻まれた講和条約
  • 自由主義的改革に対する保守派の反応
  • 新路線の設定
  • 地域経済統合構想と東南アジアの台頭
  • 講和条約への再挑戦
  • 中国革命の余波-日本復興の先行き〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアにおける冷戦の起源 : アメリカの対日占領
著作者等 Schaller, Michael
五味 俊樹
原口 幸司
山崎 由紀
立川 京一
シャラー マイケル
書名ヨミ アジア ニ オケル レイセン ノ キゲン
書名別名 The American occupation of Japan
出版元 木鐸社
刊行年月 1996.6
ページ数 504, 18p
大きさ 21cm
ISBN 483322223X
NCID BN14704084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97027668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想