マヤ文字

スティーヴン・ハウストン 著 ; 植田覚 訳

コロンブス以前のメソアメリカ古代文明を解く鍵、マヤ文字。異教排撃の標的となって多くが失われたが、19世紀初めに再発見され、現在、古代文字解読の中で最も注目を集めている。本書は、解読の歩みと成果を伝え、多くの謎の解明に読者をいざなう。わが国で最も人気のある装飾文字の解読。高校生から大人まで楽しめる、最新の研究成果を取り入れた基礎文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発見と解読
  • 第2章 起源、発展、素材
  • 第3章 マヤ文字の構造
  • 第4章 歴史を記す文字
  • 第5章 解読のテキスト見本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マヤ文字
著作者等 Houston, Stephen D
Houston, Stephen D.
植田 覚
矢島 文夫
Houston S.D.
ハウストン スティーヴン
書名ヨミ マヤ モンジ
書名別名 Maya glyphs
シリーズ名 大英博物館双書失われた文字を読む 8
出版元 学芸書林
刊行年月 1996.7
ページ数 121p
大きさ 19cm
ISBN 4875170181
NCID BN14703853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97059704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想