精神分析の基礎

アドルフ・グリュンバウム 著 ; 村田純一 [ほか]訳

[目次]

  • 序論 精神分析の理論と治療についての解釈学的見方の批判(「科学主義的自己誤解」という解釈上の伝説
  • 精神分析に関するハーバマス哲学の批判
  • 精神分析に関するリクール哲学の批判 ほか)
  • 第1部 精神分析的研究の臨床的方法-道案内か、落とし穴か(フロイトの理論は経験的にテスト可能か)
  • 第2部 精神分析の体系の礎石-フロイトの抑圧理論の基礎は十分か(精神神経症の原因は抑圧であるとするフロイトの議論を吟味する
  • 錯誤行為に関する精神分析理論の検討-度忘れ、言い間違い、聞き間違い、書き間違い
  • 夢の扇動者としての抑圧された小児欲望-夢の顕在内容についての妥協モデルの批判的検討)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析の基礎
著作者等 Grünbaum, Adolf
伊藤 笏康
村田 純一
松本 展明
貫 成人
Gr¨unbaum Adolf
グリュンバウム アドルフ
書名ヨミ セイシン ブンセキ ノ キソ
書名別名 The foundations of psychoanalysis

科学哲学からの批判

Seishin bunseki no kiso
出版元 産業図書
刊行年月 1996.6
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 4782801009
NCID BN14691878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97001551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想