円とドルの存亡 : 国際通貨史からみた日米のゆくえ

中尾茂夫 著

エコノミスト賞受賞の論客が問う。円とドルの何が問題なのか。国際社会から孤立化する円。世界通貨としてのパワーを欠くドル。国際通貨史を検証し、その現状に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 円の誕生に始まる通貨外交
  • 第2章 ドルシステムが円を飛躍させる
  • 第3章 覇権通貨からみた二十世紀
  • 第4章 グローバル化するドルの世界
  • 第5章 各国通貨が連動する時代
  • 第6章 円・ドルの鍵はアジアにあり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円とドルの存亡 : 国際通貨史からみた日米のゆくえ
著作者等 中尾 茂夫
書名ヨミ エン ト ドル ノ ソンボウ
出版元 三田出版会
刊行年月 1996.7
ページ数 380p
大きさ 20cm
ISBN 4895831647
NCID BN14665459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97001803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想