光ファイバとファイバ形デバイス

川上彰二郎 ほか共著

本書は、大容量情報システムを支える光ファイバの諸特性を詳述するとともに、光伝送システム上において光の流れ制御機構をファイバ中にハイブリッド集積することを目的とする多種多様なファイバ形光デバイスの機能をまとめた解説書である。まず、各種光ファイバの分類・製造法を概観し、つぎに、単一モード光ファイバの基本パラメータについて述べ、ファイバ中を伝搬する導波モードを解析する。さらに、光ファイバの分散・偏波・損失特性について詳しく解説する。ファイバ形光デバイスとしては、光ファイバカプラ、光ファイバグレーティング、Lamipol、光アイソレータなどの諸特性を説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 光ファイバ
  • 3 光ファイバの損失特性
  • 4 光ファイバの分散特性
  • 5 各種ファイバの設計および伝送特性
  • 6 伝送特性測定法
  • 7 ファイバ形光部品
  • 8 コア拡大ファイバ
  • 9 積層形偏光子
  • 10 積層形偏光分離素子
  • 11 光アイソレータ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光ファイバとファイバ形デバイス
著作者等 大橋 正治
川上 彰二郎
白石 和男
書名ヨミ ヒカリ ファイバ ト ファイバケイ デバイス
書名別名 Hikari faiba to faibakei debaisu
シリーズ名 エレクトロニクス材料・物性・デバイス 16
アドバンストエレクトロニクスシリーズ 16
出版元 培風館
刊行年月 1996.7
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4563036161
NCID BN14661130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97007774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想