PCR法最前線 : 基礎技術から応用まで

関谷剛男, 藤永惠 編

本書では、基礎編1としてPCR法の原理をはじめ、材料の調製、基本的な反応条件、反応生成物の検出など実際にすぐ役立つPCR法の基礎についてまとめ、基礎編2では、PCR法を用いた解析法を中心に解説し、新たに開発・改良された技術を加えて、基礎編の充実に努めた。応用編では多種多様な応用例のうちから特徴的なもの、重要と考えられるものなどを集めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎編(1) 原理とPCRの反応を中心に(PCR技術の原理
  • PCRの反応組成と条件
  • 特異的な増幅反応への工夫 ほか)
  • 基礎編(2) PCRを用いた解析を中心に(PCR産物の解析
  • PCRによる変異の導入-site‐directed mutagenesis
  • PCRによる特定領域の変異の検出 ほか)
  • 応用編(STSの解析-マイクロサテライトマーカー
  • マウス遺伝学への応用
  • AP‐PCRゲノムフィンガープリンティング法による ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 PCR法最前線 : 基礎技術から応用まで
著作者等 藤永 蕙
関谷 剛男
藤永 〓
書名ヨミ PCRホウ サイゼンセン : キソ ギジュツ カラ オウヨウ マデ
出版元 共立
刊行年月 1997.6
ページ数 337p
大きさ 27cm
ISBN 4320054776
NCID BA30831998
BN14656480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98013035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想