女と男の時空 : 日本女性史再考  6

山下 悦子;河野 信子【編著】;森岡 正博;小林 亜子;中村 桂子;小玉 美意子;平野 恭子【ほか著】

戦後50年を女と男の関係史として描くことは可能か。本巻はこの難題に挑戦する。戦後を決定づけてきたともいえる、生命観、セクシュアリティの変容とテクノロジーの発達、マスメディアの飛躍的な膨張、住空間・宗教・老いの変容、そして労働・家族・教育をめぐってのたえざる性差の再生産。これらは現代を生きる女と男の関係をどう変えてきたのか。そこに見られるのは、すでに「溶解する女と男」の姿ではなかったか。21世紀の新しい女性史への地平はここからどうひらけるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 セクシュアリティ・生命・テクノロジー
  • 2 メディアと女性の表現
  • 3 生活の変容-住空間・宗教・老い
  • 4 性差の再生産-労働・家族・教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女と男の時空 : 日本女性史再考
著作者等 山下 悦子
河野 信子
鶴見 和子
中村 桂子
小林 亜子
小玉 美意子
平野 恭子
森岡 正博
書名ヨミ オンナ ト オトコ ノ ジクウ
書名別名 溶解する女と男 : 21世紀の時代へ向けて 現代

Onna to otoko no jiku
巻冊次 6
出版元 藤原書店
刊行年月 1996.7
ページ数 744p
大きさ 22cm
ISBN 4894340437
NCID BN1464969X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97009195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想