ICUにおける肺理学療法の理論と実際

並木昭義 編

本書では、種々の病態における肺理学療法の効果の理論的根拠とその臨床的評価を示し、あわせてICUという特殊環境下で管理されている重篤な患者の肺理学療法の基本と実際について述べた。本書はICUや重症患者管理に従事する臨床医、研修医そして看護婦を対象にしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ICUにおける新しい肺理学療法の意義と効果
  • 2 肺理学療法と加湿および水分管理
  • 3 ICU患者におけるdependent lung injury(下位肺傷害)と腹臥位の効果
  • 4 外傷患者における呼吸不全と肺理学療法
  • 5 中枢および脊髄神経障害、神経筋疾患を有する患者の呼吸不全と肺理学療法
  • 6 呼吸理学療法の基本手技
  • 7 人工呼吸器装着患者の肺理学療法とその手技
  • 8 人工呼吸器を装着されていない患者の肺理学療法とその手技
  • 9 小児における呼吸理学療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ICUにおける肺理学療法の理論と実際
著作者等 並木 昭義
書名ヨミ アイシーユー ニ オケル ハイ リガク リョウホウ ノ リロン ト ジッサイ
シリーズ名 集中治療医学講座 12
出版元 医学図書
刊行年月 1996.5
ページ数 110p
大きさ 26cm
ISBN 4871512614
NCID BN14639878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97042012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想