脳と味覚 : おいしく味わう脳のしくみ

山本隆 著

本書は、味覚の末梢受容機構、認知科学的側面としての味覚感受性、さらには、臨床的側面も加えてあり、味覚の神経科学に関する最新の知見をできるだけ網羅してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 味覚の意義
  • 第2章 味の種類
  • 第3章 味覚感受性
  • 第4章 味の受容と伝達
  • 第5章 味覚の中枢機序
  • 第6章 味覚の学習と記憶
  • 第7章 味覚と食行動
  • 第8章 味覚発達の正常と異常
  • 座談会 味覚の機能をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と味覚 : おいしく味わう脳のしくみ
著作者等 山本 隆
書名ヨミ ノウ ト ミカク
シリーズ名 ブレインサイエンス・シリーズ 18
出版元 共立
刊行年月 1996.7
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4320053958
NCID BN14583558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97003231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想