動物をつくる遺伝子工学

東条英昭 著

バイオ技術の驚異的な発展により、今、生命科学は黄金時代を迎えている。中でも、1980年頃に登場した遺伝子導入動物は、ガン、エイズ、アルツハイマー病、各種の遺伝病をはじめ、今話題の狂牛病などの原因や治療法を遺伝子レベルで研究するための不可欠なモデル動物として大活躍している。また、バイオ技術を駆使して、家畜の品種改良、ヒトの有用物質を乳に大量に分泌する家畜や、臓器移植用の家畜を開発して利用する研究が精力的に行なわれている。本書は、バイオ動物とはいったいどういう動物なのか、私たちの生活にどのように関わっているのか、さらに、どのような可能性を秘めているのかを、わかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺伝子工学で恐竜はよみがえるか
  • 第2章 バイオテクノロジーの歴史
  • 第3章 発生工学の発展
  • 第4章 バイオ動物の登場
  • 第5章 トランスジェニック動物の利用
  • 第6章 家畜に遺伝子を入れる
  • 第7章 動物バイオの歴史と最先端
  • 第8章 これからの動物バイオ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物をつくる遺伝子工学
著作者等 東条 英昭
書名ヨミ ドウブツ オ ツクル イデンシ コウガク
書名別名 バイオ動物はなぜ必要か?

Dobutsu o tsukuru idenshi kogaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1996.6
ページ数 227, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4062571242
NCID BN14577282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97000574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想