死は共鳴する : 脳死・臓器移植の深みへ

小松美彦 著

「死は自己決定権」批判。脳死・臓器移植問題を考えるうえで壁となる「個人の自由」という考え方を乗り越えるために歴史的視点から死の現在と未来を見つめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 開幕前の暗
  • 第1章 考察の開幕
  • 第2章 先端技術と脳死論争の死角-脳死と死との等置批判
  • 第3章 臨床医学の暗流-脳死・臓器移植批判
  • 第4章 死の屍-脳死をめぐる「死の自己決定権」批判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死は共鳴する : 脳死・臓器移植の深みへ
著作者等 小松 美彦
書名ヨミ シ ワ キョウメイスル
出版元 勁草書房
刊行年月 1996.6
ページ数 296, 18p
大きさ 20cm
ISBN 4326153199
NCID BN14568929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96074719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想